計画研究

生体癌幹細胞 [赤司(千葉)]

研究課題名 ヒト癌幹細胞の同定と生体内機能解析システムの構築
研究区分 研究項目A01
研究期間 平成22年度〜平成26年度

治療法開発に向けた癌幹細胞研究を進めるためには、ヒト純化癌幹細胞からヒト癌組織を生体内に再構築する技術が必須である。われわれは、1)ヒト癌幹細胞の分離法を確立し、2)新たな寛容メカニズムのマウスへの導入により、ヒト組織拒絶機構を破壊した次世代免疫不全マウスを開発する。これらの技術に基づいて、生体内におけるヒト癌幹細胞の特性を明らかにし、ヒト癌幹細胞を標的とする新規治療法開発・評価基盤を整える。

生体癌幹細胞 [中山]

研究課題名 癌幹細胞の細胞周期制御機構の解明と治療法の開発
研究区分 研究項目A01
研究期間 平成22年度〜平成26年度

われわれは組織幹細胞や癌幹細胞に共通の性質である「細胞周期の静止性」のメカニズムを分子レベルで解明し、「G0 期維持因子( G0-MF )」を同定する計画である。既に予備的研究によってG0-MF のいくつかの候補を同定している。このG0-MF が癌幹細胞の静止性維持と幹細胞性維持に必要かどうかを個体レベルでの発癌実験によって検証を行い、最終的に癌幹細胞を細胞周期に強制的に入れる手段を探る。

生体癌ニッチ [須田]

研究課題名 ニッチによるがん幹細胞制御機構の解析
研究区分 研究項目A01
研究期間 平成22年度〜平成26年度

正常幹細胞研究の知見をもとに、癌幹細胞とニッチの相互関係を解明する。@癌幹細胞ニッチとは何か? A癌幹細胞にニッチ依存性はあるのか? Bニッチはどのような働きをしているのか?の問いに一定の解を与えることにより、生体癌ニッチから癌幹細胞制御の方法を開発する。

生体癌ニッチ [田中(森)] 

研究課題名 ヒト固形癌の休眠型癌幹細胞とそのニッチ特性の解明
研究区分 研究項目A01
研究期間 平成22年度〜平成26年度

固形癌における癌幹細胞の動態や局在について不明な部分が多く、生体内における癌ニッチの研究に大きな妨げとなっている。癌幹細胞は癌ニッチの微小環境に依存して「休眠型」と呼ばれるように緩徐な細胞分裂を示すが、さらに転移型癌幹細胞に変化し、転移巣に移動して二次性の癌組織を形成する。本研究では、これら癌幹細胞亜分画を分離して各々の特徴を明らかにし、癌幹細胞および転移型癌幹細胞を可視化する。これらの可視化技術は、対応する癌ニッチを観察するためのツールとして、他の生体内癌システム研究に重要な役割を果たす。さらに、転移型癌幹細胞への変化の分子基盤を明らかにすることで人工癌幹細胞の研究の一助となることが期待できる。

人工癌幹細胞 [北林]

研究課題名 癌幹細胞の自己複製と未分化性維持の分子メカニズムの解明
研究区分 研究項目A02
研究期間 平成22年度〜平成26年度

本研究では、ヒト白血病原因遺伝子を導入することによりマウス骨髄前駆細胞を癌幹細胞化する白血病モデルに、遺伝子改変マウスを組み合わせた手法を用いて、ニッチに依存した癌幹細胞の自己複製能の制御メカニズムを主として癌幹細胞側から解明し、この経路を遮断することにより癌幹細胞を除去する手段を探る。根治を目指した癌治療の標的分子の同定と治療薬開発のモデルとして、得られた成果と方法論を他の癌幹細胞モデルに展開することに
より本学術領域に広く貢献する。

人工癌幹細胞 [佐谷]

研究課題名 人工癌幹細胞を用いた治療抵抗性克服戦略の開発
研究区分 研究項目A02
研究期間 平成22年度〜平成26年度

我々が人工癌幹細胞研究によって作製したヒト癌組織に酷似したマウスモデルは、この領域の研究に広く応用可能であり、技術・細胞・モデルを領域内に制限なく供給する予定である。また本研究で明らかにする癌幹細胞から非癌幹細胞への転換のメカニズムや、それらの細胞の相互作用の解析は、領域内研究者が癌幹細胞ニッチを同定す
る際に重要な情報を与えることになる。さらに、癌幹細胞を標的とした化合物を取得し前臨床研究を行うことにより、本領域の研究を臨床応用につなぐための役割を果たすことができる。

人工癌ニッチ [田賀]

研究課題名 人工癌幹細胞ニッチの構築による癌幹細胞維持シグナルの解明と新規治療戦略の開発
研究区分 研究項目A02
研究期間 平成22年度〜平成26年度

本計画研究では、癌幹細胞が正常幹細胞と同様に微小環境(癌幹細胞ニッチ)によって維持されているとの観点から、人工癌幹細胞ニッチの構築によって癌幹細胞維持シグナルの解明を行い、結果に基づいて新規治療戦略の開発をする、という目的を設定して研究を推進することにより、この学術領域に貢献する。既に準備研究で得ている人工ポリマーアレイによるニッチ構造ミミクリー系の構築などによる癌幹細胞ニッチの探索を進めることが可能であり、癌幹細胞の生存維持シグナルの裏付けとなる分子基盤の提示と解明と、それらのシグナル遮断法の開発による癌根絶への道筋をつけることにより目的達成を図る。

鍵分子同定 [後藤]

研究課題名 システム生物学的手法を用い癌幹細胞の新規分子標的の同定
研究区分 研究項目A02
研究期間 平成22年度〜平成26年度

癌の病態は、癌幹細胞とその微小環境を整えるニッチとの複雑な相互作用がその本体である。申請者は、この「癌幹細胞システム」を統合的に解明することを目的とし、近年飛躍的な向上を遂げている数理統計学理論を積極的に用いたシステム生物学的解析を行う。本研究では乳癌を中心に解析を進めるが、得られた成果と方法論を他の癌幹細胞モデルに適用し、癌幹細胞システムを制御する鍵分子の同定に広く貢献する。

  • メニュー
  • ホーム
  • 研究組織
  • 研究概要
  • 計画研究
  • 公募研究
  • シンポジウム研究会
  • 研究成果
  • ニュース
  • リンク
  • サイトマップ